健康食品サプリメント

健康食品とサプリメント

健康に関心が強くなってきたこの頃、サプリメントや健康食品を活用して足りない栄養を得ている方は多いようです。

 

サプリメントや健康食品の活用によって病気になりにくい体を作ることを予防医学といいます。

 

健康食品やサプリメントは、アメリカの医療機関で、病気治療を目的として1975年に開発されたのが始まりといいます。医療に多額のお金をかけているにも関わらず、国民一人当たりの医療費が減少しないという問題を受けて、アメリカの上院で栄養問題特別委員会が設置され、原因についての調査がありました。

 

病気にかかりにくい体質作りにサプリメントや健康食品、 簡単ダイエット方法を活用するという考え方は、予防医学の概念の発達と共に広まってきています。この時、3,000人を越える学者や医師からの意見を聞き、数千万ドルの国費を使って世界規模での調査研究が行われました。この時のレポートは5,000ページにもなり、食品の詳細な分析や医療分野からの研究、データや実例がふんだんに使われています。

 

報告書に書かれていたことは、医薬品では治せないほど、アメリカの食事内容には問題があるというものです。このレポートが契機になり、食事だけでは足りない栄養を補充するための手段としてサプリメントや健康食品の開発が進められてきたのです。

 

アメリカでのサプリメントや栄養食品は、1944年に栄養補助食品健康教育法が制定され、販売形態が管理されるようになりました。

 

サプリメントや栄養食品の需要がアメリカでは高いのは、日本と保険制度が異なり、病院に行かない予防医学が重視されやすいためともいいます。病気になる前に健康食品やサプリメントの摂取などで病気を予防する予防医学の意識の高さは、アメリカ国民の医療費負が非常に大きいこととや育毛シャンプーとも関係しているといえます。